体験レッスン予約・お問合わせ Primo Piatto ブログ リンク集 HOME

ギター講師ご案内

ギタリスト三好亮範 ライブ情報

三好 亮範 みよしあきのり

1976年生まれ
5歳からギターを始めました。
幼稚園の先生が、アコースティックギターの伴奏で、僕達に歌を歌わせていたんですよ・・・
幼心に、チヤホヤされる先生に憧れていました。
幾度となく両親に「ギターを習いたい〜」をくり返していたら、なんとサンタさんがウクレレをプレゼントしてくれたんです!
聞いていてくれたんですね、僕の声を!
それからは、意味不明の独学と近所のピアノ教室に行っては、「ギター教室を紹介してください。」の繰り返しでした。
ある日、僕のお婆ちゃんが電信柱で見つけた「久木実ギター教室」のチラシ!感謝感激ですよ!ホンマ!と同時に実家からクラシックギター発見!!!

ギターにクラシック・アコースティック・エレキなどの種類があるなんて事も知らずに通った久木先生の教室は、通学時間2時間の遠方にも程があるクラシックギター教室。
しかも、コンクールの審査などもされていた・・・どエライ先生でした。
しかしながら、僕は不真面目な生徒?だったように思います。
教室に通いたい!と、熱心に言ってたわりには・・・・・・・・・(><)”
にも関わらず、小学校1年生からギターコンクールに毎年エントリーして、何一つ賞ももらえず(当たり前)、気が付くと14歳になっていました。
そう、5歳から初めて既に9年がたって、コンクールには毎年エントリーする変な癖だけが残っていました。
さらに、そのコンクールには、毎年来ていたエントリーメンバーがいなくなり、おそらくは、みんなギターをやめてしまったんじゃないかな〜?
そして、僕の時代がやっと来ました!続けるって大事なことですね。

15歳  日本ギターコンクール 学生の部  2位
16歳  日本ギターコンクール 学生の部  1位
     山陰ギターコンクール 米子市長賞&高校生の部  2位

この頃から、演劇での音楽担当や作曲も勉強し始め、音楽を客観的に見れるようになりました。
音大への入学も考えましたが、ご存知のように「あれはお金持ちでないと・・・」
そこで、高校の美術教師の案で美大は?となりました・・・!?

大阪芸術大学 美術学科 彫刻専攻 卒 ・・・

いきなりですが、ここを卒業しています。

その後、3年間サラリーマン、朝5時〜夜24時  月収18万円
自律神経失調症で病院送り。お医者さんに「自分の時間を作りなさい」と宣告されました。

たまたまですが、病院の帰りにラジオから東京国際ギターコンクールという名誉あるコンクールでの演奏の中に唯一の日本人「金谷幸三」という方の演奏を耳にしたんです!
あの鳥肌は今も忘れません。「こんな演奏家がいるんやなぁ〜」と思った瞬間です。
翌月には、その金谷幸三さんにレッスンを受けに行っていました。
僕のギター音楽人生の復帰に力を注いでくれた恩人です。

24歳  山陰ギターコンクール  3位
     日本ギターコンクール名誉部門 審査員特別賞

以降、現在に至るまで、周りの皆さんが「楽しめて癒されて学べる音楽だけ」に時間を費やしています。

何事も、続ける勇気と気楽さが僕のコアになりました。

このページのトップへもどる